出産後にデリケートゾーンの黒ずみを自宅でケアする方法

妊娠中の脇の黒ずみについて

ホスピピュア

 

 

妊娠中のお肌の黒ずみ

 

脇の下の黒ずみは大きな悩みのタネですよね。普段は気にしていなくても、夏になってノースリーブを着る時や彼とのデートの時にチェックしたら黒ずんでいてびっくり、なんて経験のある方も多いはず。毎日鏡でチェックできればいいのですが、脇のお手入れは面倒くさくてさぼりがちになってしまいます。

 

シングルの時は何ともなかったのに、妊娠したら急に腋の下に黒ずみができてしまった、という方が少なくありません。妊娠中は女性ホルモンの影響で体にいろいろ変化が起こったり、メラニン色素が濃くなったりします。乳首が黒くなることはよく知られていますが、脇の下の黒ずみも濃くなってしまうことがあります。生活は変わっていないのに妊娠したら急に黒ずみができたらびっくりしてしまいますよね。妊娠中はなにかと大変ですが、産後に残らないようにきちんとケアをしておきたいものです。

 

妊娠すると脇の下だけでなく、胸、乳首、お尻、足の付け根など黒ずみが増える方も多いです。でも黒ずみを落とそうとゴシゴシこすってしまうのは逆効果です。黒ずみは汚れているようにも見えますが、こすって落ちるものではありません。それどころか黒ずみをこすって刺激を与えるとメラニン色素の生成が活発になり、よけいに黒ずんでしまうこともあります。
妊娠するとお肌が敏感になると言われていますので、黒ずみを悪化させないためにフェイスケア、ボディケアに使う化粧品、小物などは刺激の少ないものを使うように心がけるとよいでしょう。

 

 

黒ずみの原因を調べてみます

 

女性の多くは妊娠中に腋などの黒ずみに悩まされることがありますが、黒ずみの原因はどんなことでしょうか。
通常、お肌の黒ずみは下着や洋服との摩擦やムダ毛処理の際のカミソリの刺激、また紫外線の影響によりメラニン色素の生成が活発になることで起こります。しかし妊娠中の黒ずみはそれだけが原因ではないようです。

 

妊娠すると、赤ちゃんを育てるために必要なホルモンが増加し、それまでのホルモンバランスが変化します。つわりが起こるのもホルモンバランスの変化によるものと考えられています。
ホルモンバランスの変化により、メラニン色素が増加し沈着して黒ずみが増えることになります。乳首や乳輪もそうですが、額や頬、口のまわりにもシミやそばかすのような色素沈着が見られることも多いです。
体の変化に不安になってしまう方もいらっしゃると思いますが、産後しばらくすると黒ずみはほとんどの場合元に戻ると言われています。妊娠中の黒ずみは体の構造によるものなので仕方ないと言えば仕方ないのですが、できるだけ黒ずみを抑える様なケアを日々続けたいものです。

 

 

黒ずみ対策のあれこれ

 

妊娠中といえども脇の黒ずみはやっぱり気になるもの。何とかして黒ずみをなくしたいとお考えの方も多いと思いますが、妊娠中は特にお肌が敏感な時期でもありますから、あまり安心できない黒ずみ対策化粧品などを使うのはちょっと心配です。

 

ただ、何もせずに放っておくと黒ずみの悪化につながりかねませんので、安心できるものでケアをしたいもの。
「アットベリー」という黒ずみ対策商品は薬用で低刺激なので、敏感肌の方でも安心して使用できます。

 

妊娠中はホルモンバランスの変化による体質の変化やつわりがおこり、またおなかもどんどん大きくなるのでお肌のケアに時間を割くのがなかなかできなくなります。アットベリーは化粧水、美容液、乳液がひとつになったオールインワンなので、脇のお手入れが時間をかけずに簡単にできます。

 

ジェルタイプなので伸びもよく、お風呂上りに脇の下に塗るだけ。塗った後はすぐにさらさらした感触に変わります。
シリコン、パラベン、着色料、アルコール不使用の優しい処方で、日本国内製造商品なので安心して使えます。

 

妊娠中は色々なものとの戦いですが、時間をかけないちょっとしたお手入れで腋の黒ずみケアをすることで、気持ちが楽しくなるかもしれませんよ。

 

 

ホスピピュア

 

ホスピピュアは本当は効果ない?口コミ徹底検証!解約・返金の裏事情を暴露! TOPはこちら