出産後にデリケートゾーンの黒ずみを自宅でケアする方法

メラニン色素がお肌に与える役割と悪影響

ホスピピュア

 

 

メラニン色素の肌への役割と悪影響

 

「メラニン色素」という言葉は誰でも聞いたことがありますよね。小学生の時、理科の時間とかプールの時間に、「日焼けは紫外線にあたるとメラニン色素が作られて沈着して起こるものです」という感じで習いましたよね。また、メラニン色素は日焼けすることでお肌を守っているということも聞いたことがあると思います。

 

色黒の人よりも色白の人の方が紫外線に弱く、黒くなる前に赤くなってしまい、ヤケドのような状態になってしまいます。ひどい場合は発熱したり湿疹ができたりしてしまいます。また、紫外線は日焼けだけでなく、シミやシワの原因でもあることが知られています。

 

メラニン色素はお肌を守ってくれるものなのですが、こと女性の美容にとってはシミ、そばかす、シワの原因であり、守ってくれてるのか敵なのかよくわからない存在ですね。

 

でも、メラニン色素はお肌を守ってくれるものということは事実なのです。メラニン色素を体から取り除くわけにはいきませんので、しみやそばかすを避けるには日焼け止めクリームや日傘などで紫外線対策を充分にすることが大切です。

 

 

陽に当たらない脇の黒ずみも紫外線のせい?

 

では、普段紫外線の当たらない脇の黒ずみも紫外線のせいなんでしょうか。真夏のビーチでもない限り脇の下を直接陽に当てる機会はなかなかありませんよね。二の腕もヒジも膝もそれほど陽に当たるわけではないのに黒ずんでしまうことがあります。

 

実はメラニン色素が生成されるのは紫外線だけが原因ではないのです。脇の黒ずみとメラニン色素の関係はどのようなものなのでしょう。

 

脇の黒ずみも実はメラニン色素がお肌を守ってくれている証拠なのです。多くの女性は脇の下のムダ毛の処理をしていると思います。カミソリや毛抜きなどで処理をして刺激を与えるとお肌はそれを外敵からの攻撃と受け取り、体を守るためにメラニン色素の生成を促進させるのです。

 

また、ムダ毛処理だけでなく、歩いたり動いたりする時に衣服と脇の下が擦れることによって刺激を受け、メラニン色素が沈着して黒ずみが起こることもあります。

 

ですから脇を含む体の黒ずみは一旦なくなったとしても、刺激を受けるとまた黒ずみができてしまう可能性があるのです。

 

 

黒ずみの原因は

 

黒ずみをなくすにはまずその原因を突き止めることが必要です。脇のくろずみは黒ずみケアの化粧品を使うことである程度改善することもできますが、ひどくなる前にあらかじめ黒ずみの原因に対して対策を取ることが大切です。

 

普段脇の下に刺激を与え続けていないかどうか考えてみましょう。お肌、特に脇には下のような刺激が黒ずみの原因になります。

 

 

1.脱毛の時のカミソリやレーザーによる刺激。
2.衣服や下着との摩擦による刺激
3.汗にかぶれやすい
4.制汗剤を使いすぎている

 

 

このような刺激で脇の下に黒ずみが起こりやすくなります。ですから、これらの刺激を避けることで黒ずみを防止することにつながります。

 

また、黒ずみがひどく、なかなか治らない場合には一度皮膚科や美容皮膚科などで相談してみることをおすすめします。

 

まとめ

メラニン色素は刺激からお肌を守るために生成されるものですが、シミや黒ずみの原因になるため、紫外線対策をすることが大切です。日焼け止めクリームや日傘などで紫外線からお肌を守りましょう。

 

また、黒ずみは紫外線だけでなく、ムダ毛処理のカミソリでの刺激や、衣類との摩擦によっても生じますので、摩擦による刺激を少なくすることも対策のひとつです。
黒ずみになってしまっても黒ずみケア化粧品やレーザー治療などで黒ずみを除去することもできますが、黒ずみができる前に対策をしておくことが綺麗なお肌への近道です。

 

 

ホスピピュア

 

ホスピピュアは本当は効果ない?口コミ徹底検証!解約・返金の裏事情を暴露! TOPはこちら